安岡正篤 ▶yasuokapage.htmlyasuokapage.htmlshapeimage_1_link_0
書籍・ グッズ ▶shop.htmlshop.htmlshapeimage_2_link_0
 郷学研修所 ▶TOP.htmlTOP.htmlshapeimage_3_link_0
 安岡正篤記念館 ▶cover.htmlcover.htmlshapeimage_4_link_0
今月のお知らせ ▶Index.htmlIndex.htmlshapeimage_5_link_0
成人研修会館 ▶seijin.html
 

郷学研修所 歴史と概要

昭和6年、安岡正篤先生は、現在の埼玉県嵐山町に「日本農士学校」を開校、
東洋哲学に基づく農村青年の教育を開始した。
その目的は、都市文明を離れ、大地に足を着けて東洋の古典・哲学を学び、己を修めて国家社会に真に役立つ人材の育成であった。

しかし昭和21年、敗戦によるGHQ(連合国軍総司令部)の占領政策で、
一時、解散・財産没収となる。
その後「財団法人日本農学校」「埼玉県立興農研修所」等幾度かの変遷を経て、
昭和37年、32年間続いた学校教育としての活動を終了した。

日本農士学校卒業生を始めとする関係者は、母校の消滅を惜しんだ。
その意を体して安岡先生は、昭和45年11月、埼玉県の認可になる「財団法人 郷学研修所」を設立。
研修会、講座、講演会等が開かれ、日本農士学校以来の道統が継承された。

この時、県からは法人に対して、
土地5,500平方メートル(日本農士学校の跡地の一部)と、
恩賜文庫(日本農士学校当時の図書館)

の建物・蔵書が一括して譲与された。
安岡先生没して20年後の平成3年、先生を慕う人々の浄財により、
郷学研修所の敷地内に「安岡正篤記念館」が建立された。

平成24年4月、公益財団法人として認定されたのを機に、
正式名称を「公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館」とする。

現在、この域内には、

おすすめ講座annai.htmlannai.htmlshapeimage_10_link_0
入会のご案内member1.htmlmember1.htmlshapeimage_11_link_0
郷学研修所 歴史と概要shapeimage_12_link_0

郷学研修所 MENU

申込書ダウンロードmember2.htmlmember2.htmlshapeimage_13_link_0
郷学研修所の月例講座一覧kouza.htmlkouza.htmlshapeimage_14_link_0
交通案内access2.htmlaccess2.htmlshapeimage_15_link_0
ご案内ダウンロードGuide2.htmlGuide2.htmlshapeimage_16_link_0

「成人研修会館」「安岡正篤記念館」「恩賜文庫」等の施設があり、
宿泊研修会、月例講座、講演会、出版、記念館の公開、
研修会館の貸与等を行っている。

そして、安岡人間学に心を寄せる人々の精神的拠り所として、
日本農士学校以来の道統を継承しつつ、
安岡教学を基調とした郷学の振興に努めている。

郷学研修所トップTOP.htmlTOP.htmlshapeimage_18_link_0

公益財団法人

郷学研修所・安岡正篤記念館

355-0221 埼玉県比企郡

嵐山町菅谷 671番地

C)Kyogaku Kensyujo

 All copyright reserved.

研修会kensyukai63.htmlkensyukai63.htmlshapeimage_19_link_0